日常で簡単にできる首のケア方法!シワたるみ予防しましょ!

ビューティー

前回は首にシワができやすい習慣をお伝えしました。

今回は、首のたるみやシワ予防の日常の中で簡単にできるケア方法をお伝えします!

顔と首はワンセットと考えよう!

首は汗腺も多いため乾燥していないように感じますが、実は水分蒸散量が多く乾燥しやすい部位です。

洗顔からクリームまで、全工程を顔と同じケアしよう

お肌は毎日化粧水つけて美容液つけて、、っていろいろケアされていると思います。そこでついでに首も同じようにケアをしましょう。

乾燥がシワの原因となることは言わずともわかると思います。顔の乾燥を防ぐように、首の乾燥も一緒に防ぎましょう。

顔と同じように首も化粧水等でケアをすることをオススメしましたが、洗顔も同じように顔と首は一緒にしたほうがいいです。

ボディソープと洗顔に使用している石鹸はみなさん別だと思います。洗顔に使用する石鹸には気を使われていると思うので、首も同じように優しい石鹸で洗うようにしましょう。

首も顔と同じように、いつも人に見られている部分です。顔と首はワンセットと考えましょう。

ゴシゴシ洗いはやめて、優しく扱うこと

洗顔の際にゴシゴシ洗うことで、肌を傷つけ乾燥を招く原因となります。

スポンジでなく手洗いで顔を洗うついでに、一緒に優しく首も洗いましょう。

紫外線に気を付けよう

紫外線にはもちろん気を付けましょう。ここでも顔と同じように、刺激の少ない日焼け止めをなるべく選んで使用することをすすめます。

気づいたときに首のストレッチを

現代はスマホやパソコンの使用で首を前に出していたり、下を向いていたりして首の筋肉が衰えてしまっている方多いです。そこで首の筋肉を鍛えるストレッチを気が付いたときに行うといいです。

上を向いて「いー!」

上をむいて「いー!」という口をします。首筋が浮き出てるのを感じられればオッケーです。

そのまま10秒を3セット行いましょう。

上を向いて「うー!」そのまま舌も出してストレッチ!

今度は上を向いて「うー!」という口をします。そのまま舌も上に向かってつきだすことで首の筋肉が鍛えられ、二重あごの予防ができます。

まとめ

首って意外と見落としがちなので、姿勢には気を付けてたけど首がたるむような習慣があったり、顔と同じようにケアはされていない方が多いと思います。

実は年齢がでやすい首!習慣に気を付け、ケアを顔と同じように怠らないことで若見えしちゃいましょう!

 

 

 

コメント