栄養士でなくても、簡単に栄養をバランス良く摂取して美を手に入れよう!

栄養

家族の健康ため、自分の美容のために食事での栄養バランスを気にされている方は多いと思います。

最近では糖質オフが流行ってますし、食に関する本の発売も後を絶ちません。

そこで聞きたいのですが、あなたは買ってみた本を読んだだけで何もしてないなんてことないですか?

本を興味深々に読んだとしても、栄養士でもないし、こんなにたくさんの知識は覚えられない、スーパーで栄養について考えてる時間もないわー!!なんてなりませんでしたか?

もっと簡単に、そして素早く美と健康の栄養となる食材を選びたいですよね。

今回はその方法を教えます!

白はNG!!茶色を選んで下さい!

白い食材は基本的に糖質が高いです。

例えば白米、小麦粉、白砂糖、うどんなどがそうです。

ご飯をどうしても食べたいのであれば、茶色の玄米を選んで下さい。

小麦粉や薄力=パンとなってきますが、パンもどうしても食べたいのであれば全粒粉のものなどを選んだ方がいいです。最近では糖質オフのパンもでてますから、そういったものを購入されることをオススメします。

うどんであれば、同じ麺類のパスタにするか、色が濃くなるほど糖質が低いので蕎麦に変更するだけで糖質に気を付けることができますよ。

ちなみに牛乳もあまり飲みすぎてはいけないので、無調整豆乳を飲まれる方がオススメです。


白い野菜もありますが、野菜の食べ過ぎで太った人っていないですよね?

栄養ある野菜はたくさん食べて下さい!気にされなくて大丈夫ですよ。

旬の野菜は栄養豊富!でも旬の野菜ってどれ?

旬の野菜は同じ野菜でも栄養価に大きく差がでます。

野菜によっては旬のものと比べると倍以上の違いがでます。

季節のものを食べることによって、身体を温めたり冷やしたりする効果もあるんですよ。例えば夏野菜は水分が多く、食べることよってほてった身体を冷やす効果があります。

でもどれが旬なのかピンと来ない方もなかにはいるのではないでしょうか。

スーパーで悩まれた場合、旬の野菜=出荷数も多いですから、お値段がお手頃価格になってるのです。いつもよりたくさん並べてあって、お安くなっている野菜が旬のものということになります♪

あとは食べ頃カレンダー、旬の野菜カレンダーといったカレンダーの画像も出回っているので保存しておいていつでも見られるようにしておくこともオススメです。

とにかくカラフルに盛り付けましょう

カラフルな野菜選びをするように気を付けると、様々な栄養素も摂ることができます。

トマトやパプリカの赤、ブロッコリーの緑、紫玉ねぎの紫、カリフラワーの白など、緑の野菜は多いですからそれらの野菜に上記の野菜をプラスするだけで様々な栄養を摂取でき、さらに写真映えもします♪

まとめ

  1. ・白の食材を避けるようにする
  2. ・旬の野菜を取り入れる
  3. ・食卓をカラフルにする

この3点を守るだけでも毎日摂取している栄養分、糖質が変わり、美と健康をゲットできます。

続けることで必ず変わりますよ♪

それではまた♪

 




コメント