老化の原因!?「抗酸化」ってなんだろう?

ビューティー

たいようサン(このブログ)でも何度も出ている単語「抗酸化」。

以前簡単に書きましたが、人間は年齢を重ねるごとにどんどん錆びている(酸化している)のです。みなさんはお肌のハリの衰えなどの老化の原因が酸化だということを知っていましたか?

いくら高級化粧品で外からアプローチしても、細胞が酸化していくのをとめることはできません!

今回は抗酸化について知り、みんなで酸化に抗っていき ましょう!

酸化してるってどういうこと?

私たちは酸素を使って生活していますよね。酸素を吸って全て二酸化炭素に変えて吐き出し、エネルギーに変えているかと思いきや、実は身体に取り込んだ酸素の一部は、高い酸化力を持つ活性酸素に変化しています。

この活性酸素が私たちの身体の細胞を錆びさせているのです。

酸化するとどうなるの??

活性酸素は生きている限り、体内で発生し続けます。

活性酸素が蓄積され続けると、シミ・シワ・白髪、お肌のハリの衰えなどの老化の原因、そして癌・生活習慣病などの病気、これらの原因になると言われているのです!

酸化してしまう原因は?

私たちの日常生活の周りに活性酸素が増える原因があります。

  • タバコ
  • 多量飲酒
  • 紫外線
  • 乱れた食生活
  • ストレス

夏に紫外線を受けて肌荒れを起こしたりシミができることも、紫外線が原因とよく言われますが、詳しく言うと紫外線を受けて活性酸素が増えることが原因なのです。

活性酸素を抑えるチカラ「抗酸化力」

酸素が絶対に必要な私たちには、活性酸素を抑える物質を体内で作っています。その物質を「抗酸化物資」と言い、この抗酸化物質の働きのことを「抗酸化力」といっています。

抗酸化力があるのならいいのでは?

抗酸化力が本来私たちの身体に備わっているのなら、抗酸化を意識しないでいいのでは?と思うかもしれません。

しかし活性酸素が年齢と共に増えることに対し、抗酸化力は年齢と共に落ちているのです。

意識せずにほっておいては老化は進む一方となります。

恐ろしいですね!活性酸素を抑えて、抗酸化物質を摂りいれる方法を続きに紹介します!

 

 

コメント