美容に必須!よく聞くオメガ3脂肪酸とは?

栄養

私は美容と健康について様々な知識を学んできました。学んでいくうちに自分の体についてわかったことがあります。

それは、

自分の体は「じぶんが食べるモノ」で作られている‼

という事です。

「じぶんの食べる物」に気を付け始めると栄養について関心を持つようになります。

今回は「栄養」の基礎中の基礎「オメガ3脂肪酸」について解説します。

オメガ3脂肪酸とは?

スーパーフードのブームとともに、スーパーや雑誌でもオメガ3脂肪酸という言葉を目にすることが多くなりました。

健康や美容に良いという漠然としたイメージはあると思いますが、実際に「オメガ3脂肪酸」がどのようなものなのか知らない方も多いのではないのでしょうか。

オメガ3脂肪酸に期待できる働き

様々なメリットのあるオメガ3脂肪酸ですが、特に注目されているのが↓の5つです。

  • 脳の健康維持(うつ、認知症予防)
  • 炎症を抑える
  • 心血管疾患の予防(動脈硬化、心臓病予防)
  • がん予防
  • 悪玉コレステロール低下

どれも誰にでもに当てはまることです。オメガ3脂肪酸は美容や健康に気を使う人はもちろん、どんな人にもメリットのある脂肪酸なのです。

そもそも脂肪酸ってなんだろう?

オメガ3脂肪酸について知るために、脂肪酸について簡単に説明します。

脂肪酸には飽和脂肪酸不飽和脂肪酸があります

飽和脂肪酸動物性油のことであり、一般的言われる脂肪のことです。肉の脂身、バター、ラード、牛や豚の脂身、スーパーフードで話題になったココナッツ油も飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸は摂取しすぎると生活習慣病や動脈硬化の原因になります!気を付けなければいけません!

簡単な画像にしてみました↓

%e8%84%82%e8%82%aa%e9%85%b8

 

対する不飽和脂肪酸とは植物性油のことでスーパーなどで売られている植物性油が主成分です。

この不飽和脂肪酸はオメガ9、オメガ6、オメガ3の3系統に分類されます。

不飽和脂肪酸を分類すると!

 

不飽和脂肪酸を3系統に分類したものを簡単に図にしてみました↓

 

%e4%b8%8d%e9%a3%bd%e5%92%8c%e8%84%82%e8%82%aa%e9%85%b8

これをみてみると、普段摂取している身近な油にオメガ6が多く含まれていることがわかりますね!

オメガ3を含む亜麻仁油、えごま油などは自ら摂取しようとしない限り一般的な食生活では使用することの少ない油です。

 

では、オメガ3脂肪酸をうまく摂取するには??

そもそも、油は摂りすぎると肥満や脂質異常の原因になります。

ですが、オメガ9とオメガ3については適量であれば中性脂肪やコレステロールを下げることができます!バランスよく摂取する必要があります。

理想の油の摂取比率があります。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

↑のような油の摂取が理想的ですが、油のバランスを考えることは難しいと思います。

なので、オメガ6は身の回りに多いと思われるので、オメガ6を控えるように気を付けオメガ3を摂取するように気を付けることのでバランスが取れるようになってくるのではと思います!

オメガ3脂肪酸の注意点

ちなみにオメガ3は熱に弱いので加熱調理用には向いていませんので気を付けてくださいね。

オメガ3脂肪酸を含んだ油はくせがあり料理に使用するのにどのようにするか悩みますが、えごま油はごま油のような感覚で使用することができます。

私は納豆にえごま油をかけて頂くことが定番になってます♬

オメガ3は不安定で酸化しやすいため、開封後は早めに使い切るようにしましょう!

オメガ3脂肪酸まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際にオメガ3脂肪酸について知識があるとしても、上手に摂取することは少し難しいですよね。

日常に簡単に取り入れる為には私のように納豆にえごま油をかけるなど、とても簡単なものを定番にするようにするのもありだと思います。

そして外食ではやはりお肉が多くなりがちですから、普段の食事を 肉<<<魚!!!と意識するようにしていきましょう♪笑

あまり気にしてストレスにならないように、ちょっとした心掛けで日常をよりよくしていきましょう♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2個セット】健菜堂 えごま油 ( EBAOIL エバオイル ) 生搾り 110…
価格:3549円(税込、送料無料) (2017/2/11時点)

それではまた♪

 

 

 

 

 

コメント