Something will come of it!

結局本当に痩せる方法ってなに?~基本の心得編~

ダイエット

○○ダイエット、これを食べるだけダイエット、そんなものは信じてはいけません。

簡単に痩せようと思っていることがそもそもの間違いです。

みなさん自分の力をもっと信じて下さい。

方法さえ理解しましたら、あとは自信を持って取り組むのみです!

スポンサーリンク

結局本当に痩せることができる方法は何!?

本当に痩せる方法は消費カロリーが摂取カロリーを上回ることです。

そうなんです。結局それにつきるのです。

それができたら苦労しないと思われるかもしれません。ですが、みなさんは絶対にできます。

甘いものが大好きな私でも-7kg達成することができたのですから。

何よりも大切なこと”自己管理”

何においても大切なことは自己管理です。

1.目標を達成したビジョンを明確に持つこと

いつ、どこで、どのような状況で、どんな服を着ている自分が、体重何kg・体脂肪何%・バスト・ウエスト・ヒップ・二の腕・太もも・ふくらはぎ・足首まで何㎝になっていたいのか細かく考えましょう。

そして、自分の理想体型に近いモデルさんなどの画像を毎日見ます。できたら部屋に飾る、もしくはスマホやパソコンの壁紙にすることをオススメします。

自分がそうなるようイメージすることが何よりも大切です。

私ならできる。私は絶対にこの体型になっている”と、自己暗示をかけてしまいましょう。

2.自分の現状を知る

今の自分を知ることで、自分が何をするべきなのかが見えてきます。

身長・体重・体脂肪・バスト・ウエスト・ヒップ・二の腕・太もも・ふくらはぎ・足首 を計測しましょう。

できたら写真にも収めて、客観的に自分の体型を知ることも良いです。

3.毎日記録すること

目標の為でもありますが、まず自分が毎日どのような行動をしているのか知ることが大切です。2.の自分の現状を知るに近いですね。

体重・体脂肪・何を何時に食べたのか・運動・睡眠時間・便の有無・風呂・水分摂取量は毎日記録するべきです。

バスト・ウエスト・ヒップ・二の腕・太もも・ふくらはぎ・足首の計測は週1で良いでしょう。

始めはただ単に記録をするだけでオッケーです。記録を見直すことで、自分が気を付けることを考えられます。生理前はどうしても甘いものに走る、疲れていると食に走るなど、自分の弱点を知ることが大切なのです。

スケジュール帳がある方、アプリで記録が続く方はそちらをお使い頂いてokです。自分が何を使用することで自己管理が続くか考えて記録していきましょう。

私が実際に使用している自己管理項目を貼っておきますので是非お使いください!私はお手製の自己管理シートを印刷し、記入したらファイリングをしています。プラスで、体重と体脂肪はグラフ化したいと思い、そこはアプリで管理をしています。

自己管理シート(エクセルで表示されます)

記録がストレスになっては元も子もありません!

注意点は、反省しすぎないことです。記録を見返して反省することはもちろん大切ですが、反省しすぎて罪悪感が生まれてしまうと、ダイエットを失敗に導きやすいので反省しすぎないこと。

疲れて記録ができなかった日もあって当然です。なるべくつけることを意識し、だんだん習慣づけましょう。

ストレスはダイエットだけでなく、美と健康の敵です。楽しく自己管理しましょう♪

 

ダイエットの3つの心得

自己管理方法をお分かり頂いたうえで、ダイエットの心得を3つお伝えします。

1.運動を頑張りすぎない

ダイエット目的でジムに行き始めたんですか!?ちょっと待って下さい!

運動は良いことですが、あまりカロリーを消費できていないにもかかわらず、それ以上に達成感を感じてしまうという落とし穴があるのです。更に、運動後は食への欲求が高まっています。運動をしているという安心感から食べてしまいがち。運動自体は楽しくないし、運動に当てる時間がもったいなくなってフィットネスクラブを短期間でやめてしまう人は多いです。

もう一つ注意点があります。激しく無理な運動は活性酸素が発生して老化が進むこともあるんですよ!

2.”一生ダイエット”と理解すること

目標体重に到達がゴールではありません。美医食同源だと私は思っています。ずっと続けることによりいつでも10歳若い健康的なボディを得ることができます。

3.スローダイエット

3か月で体重の5%、または1カ月に最大2kgまでとるすことをオススメします。

BMI30以上の人は、当面の目標は体重の10%ダウン。

BMI25~30の人は、標準体重を目指しましょう。


コメント